2009年12月17日

「災厄の紳士」 D・M・ディヴァイン

page0_3.jpg

「災厄の紳士」 D・M・ディヴァイン
"Dead Trouble" by D.M.Divine
東京創元社 定価987円
ISBN: 978-4-488-24005-9


根っからの怠け者で、現在ではジゴロ稼業で糊口を凌いでいるネヴィル・リチャードソンは、一攫千金の儲け話に乗り、婚約者に捨てられた美人令嬢のアルマに近づく。気の強いアルマにネヴィルは手を焼くが、計画を仕切る“共犯者”の指示により、着実にアルマを籠絡していく。しかしその先には思わぬ災厄が待ち受けていた……。名手が策を巡らす、精巧かつ大胆な本格ミステリの快作! 解説=鳥飼否宇

第1位『2010本格ミステリ・ベスト10』/海外ランキング
第7位『週刊文春』「2009年ミステリーベスト10」/海外部門


posted by ゆき at 11:33| 東京 ☁| D・M・ディヴァイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「おかけになった犯行は」エレイン・ヴィエッツ

page0_16.jpg

「おかけになった犯行は」エレイン・ヴィエッツ
"Dying to Call You"by Elaine Viets
東京創元社 税込1113円
ISBN: 4-488-24004-2

崖っぷち生活継続中のヘレン、目下の仕事は電話セールス。拒絶や罵倒にひたすら耐えて売りこみをかけるある日の業務中、電話越しに“殺人”が起きるところを聞いてしまう。ところが、警察は死体はおろか事件のあった痕跡を何ひとつ発見できず、勘違いとして処理される始末。納得のいかないヘレンはみたび探偵活動を始めるが、成り行きでトンデモない相棒と組むことになり……。大好評〈ヘレンの崖っぷち転職記〉第3弾。解説=穂井田直美


 内容紹介↓

http://www.tsogen.co.jp/wadai/0812_02.html



posted by ゆき at 11:19| 東京 ☁| エレイン・ヴィエッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

「ウォリス家の殺人」D・M・ディヴァイン

wallis.jpg

「ウォリス家の殺人」D・M・ディヴァイン
"This is Your Death" by D.M.Divine
東京創元社 税込903円 ISBN: 4-488-24004-2
 人気作家ジョフリーの邸宅〈ガーストン館〉に招かれた幼馴染のモーリス。最近様子のおかしいジョフリーを心配する家族に懇願されての来訪だった。彼は兄ライオネルから半年にわたり脅迫を受けており、加えて自身の日記の出版計画が、館の複雑な人間関係に強い緊張をもたらしていた。そして憎み合う兄弟は、暴力の痕跡を残す部屋から忽然と姿を消した。英国本格の妙味溢れる佳品。


「2009 本格ミステリベスト10」
海外ランキング第1位

「「イン・ポケット」総合ベスト10
 第4位

週刊文春「2008年ミステリーベスト10」
海外部門 第8位

「このミステリーがすごい! 2009年版」
海外編 第10位


続きを読む
posted by ゆき at 11:36| 東京 ☁| D・M・ディヴァイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺しはノンカロリー」コリン・ホルト・ソーヤー

noncalorie.jpg

「殺しはノンカロリー」コリン・ホルト・ソーヤー
"Murder Has No Calories" by Corinne Holt Sawyer
東京創元社 税込945円 ISBN: 4-488-20306-1
 ダイエット効果抜群と評判の美容スパで、従業員が殺された。警察の捜査の遅れに業を煮やした経営者のドロシーが助けを求めたのは、高級老人ホームに住む友人の“名探偵”アンジェラだった。外出を渋る親友のキャレドニアを伴い、駆けつけた彼女を現場で待っていたのは、新たな事件と苦い顔の捜査陣、そしてスパご自慢のダイエット・プログラム!〈海の上のカムデン〉を飛び出し、謎解きと運動に汗水流す第五弾。
解説=久美沙織

続きを読む
posted by ゆき at 11:32| 東京 ☁| コリン・ホルト・ソーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

「死体にもカバーを」エレイン・ヴィエッツ

kaba.jpg

「死体にもカバーを」エレイン・ヴィエッツ
"Murder Between the Covers"by Elaine Viets
 東京創元社 本体924円 ISBN: 4488150075
 心機一転、〈ページ・ターナーズ〉書店で働き始めたワケありのヘレン。困ったお客と、もっと困った最低オーナーの持ちこむトラブルにもめげず、新米書店員として日々奮闘する彼女に、またも災難が降りかかる。アパートでシロアリが大発生したかと思えば、お次はくだんの最低オーナーが殺される始末。おまけに容疑者として逮捕されたのは意外な人物で……!? 南フロリダで職を転々、必死に働くヒロインの活躍、第2弾。解説=柴田よしき



続きを読む
posted by ゆき at 11:28| 東京 ☁| エレイン・ヴィエッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする