2009年09月26日

「ひよこはなぜ道を渡る」エリザベス・フェラーズ

hiyoko.jpg

「ひよこはなぜ道を渡る」エリザベス・フェラーズ
"Your Neck in a Noose"by Elizabeth Ferrars
 東京創元社 本体760円 ISBN: 4488159214

 旧友のジョンに請われて、彼の屋敷を訪れたトビー・ダイク。屋敷の様子に不審を抱き、邸内に侵入したトビーが目にしたのは、書斎でこときれている友の姿だった。部屋には弾痕や血痕、争ったあともある。だが、その後判明したジョンの死因は”自然死”だった・・? <死体なしの殺人>と<殺人なしの死体>を巡る,切れ味鋭い本格推理。名コンビ<トビー&ジョージ>最後の事件。

続きを読む
posted by ゆき at 13:36| 東京 ☁| エリザベス・フェラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

「ピーナッツバター殺人事件」コリン・ホルト・ソーヤー

pnut.jpg

「ピーナッツバター殺人事件」コリン・ホルト・ソーヤー
"The Peanut Butter Murders" by Corinne Holt Sawyer
東京創元社 税込987円 ISBN: 4-488-20305-1
  列車に轢かれて死んでいた男は、生前に高級老人ホーム〈海の上のカムデン〉の住人と親交があった。被害者の人となりを把握したいマーティネス警部補からじきじきに頼まれ、いつも以上に張り切って聞きこみを始めるアンジェラたち。当然、探偵活動はそれだけで済むはずもなく、過激に暴走していくのであった。ロビーには新顔のインコ、おなじみ老人探偵団にも新メンバーが加わって、ますます快調ユーモア推理シリーズ第四弾! 
解説=光原百合
続きを読む
posted by ゆき at 19:59| 東京 ☀| コリン・ホルト・ソーヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ダ・ヴィンチ・レガシー」ルイス・パーデュー

legacybig.jpg

 アマチュアのダ・ヴィンチ研究者ヴァンスは、養父が手に入れたダ・ヴィンチの手稿を調べるうち、2ページ分がすりかえられていることに気がついた。手稿の謎を追う先々で起こる殺人事件。やがて、その裏には宗教界や秘密結社がからむ闇の陰謀が隠されていることが明らかに。消えた手稿には、約500年の時を超え、現代の人間をも驚嘆させる<何か>が書かれていたのだ。手に汗握る展開と知的興奮が導く衝撃のクライマックス!
続きを読む
posted by ゆき at 19:57| 東京 ☀| ルイス・パーデュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「荊の城」 サラ・ウォーターズ

ibara1big.jpg

「荊の城」(上)サラ・ウォーターズ 
"Fingersmith" by Sarah Waters
東京創元社 本体940円 ISBN: 4488254039
「このミステリがすごい!05年版 第1位」
「IN★POCKET文庫翻訳ミステリー総合 第1位」
「週刊文春 ミステリーベスト10 第2位」
19世紀半ばのロンドン。17歳になる少女スウは、下町でスリを生業として暮していた。そんな彼女に顔見知りの詐欺師がある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その財産をそっくり奪い取ろうというのだ。スウの役割は令嬢の新しい侍女。スウは迷いながらも、話しにのることにするのだが・・。CWAのヒストリカル・ダガ−賞を受賞した、ウォーターズ待望の第2弾。

ibara2big.jpg

「荊の城」(下)サラ・ウォーターズ 
"Fingersmith" by Sarah Waters
東京創元社 本体940円 ISBN: 4488254047

スウが侍女としてはいったのは、俗世間とは隔絶したへんぴな地に建つ城館。そこに住むのは、スウが世話をする令嬢モード。それに、彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者といえば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然だった。たとえその背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? ふたりを待ち受ける運命とは?

続きを読む
posted by ゆき at 19:53| 東京 ☀| サラ・ウォーターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「半身」サラ・ウォーターズ

hansin1.jpg

「半身」サラ・ウォーターズ "Affinity" by Sarah Waters
東京創元社 本体1060円 ISBN: 4488254020
「週刊文春 ミステリーベスト10 第1位」
「このミステリがすごい!04年版 第1位」
「IN★POCKET文庫翻訳ミステリー総合 第3位」
「Yahoo! ユーザーが選ぶベストミステリ2003 第3位」
 独房からは信じがたい静寂が漂ってきた。獄内の静けさを残らず集めたより深い静謐が。それを破ったのは溜息。わたしは思わず、中を覗いた。娘は眼を閉じ・・祈っている! 指の間には、鮮やかな紫。うなだれた菫の花。1874年秋、倫敦の監獄を慰問に訪れた上流婦人が、不思議な女囚と出会う。娘は霊媒。幾多の謎をはらむ物語は魔術的な筆さばきで、読む者をいずこへと連れ去るのか?

 HP版注釈


続きを読む
posted by ゆき at 19:46| 東京 ☀| サラ・ウォーターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする